9月も4日だと言うのに、この暑さはどうだ。高層ビル群の彼方に太陽が沈み、babe君と落ち合う7:00pmを廻っても、外気温の下がる気配は一向に無い。

自宅前で拾ってもらい、今夜は重ステを握るbabe君の助手席、ロールバーに囲まれたバケットシートに納まり東名を下る。目指すは凡そ一年振りのいしちゃん宅である。
ソレックスの吸気音轟くカローラ1600改2000、全開の窓から100km/h超の夜風を捕り込んでも、室温は快適にやや遠いが・・・ 化石燃料を股ぐらで燃やし、発泡樹脂とFRPの被り物を頭部に頂く、双輪の移動手段よりは快適にやや近かろう。


東名を降りたところで今夜のホストいしちゃんに一報を入れ、GSにて給油。
何処からともなく漂う冷気に『 ああ、この辺りの夜は過ごし易いね〜 』などと口にしたのも束の間、よくよく見れば頬を撫でる冷気の出処はGS事務所内のエアコンであった(笑)

最寄のコンビニで乾き物中心のつまみを仕入れ、8:30pm頃にはいしちゃん宅入り。ホストが用意してくれていた缶ビールを遠慮無く呷る。


数年前の某国営放送を録画した低画質なDVDを幾度も観賞しつつ、3人のH−D乗りが深夜まで繰り広げた酒宴。そこで語られた主な話題はホンダRC166の崇高な6気筒サウンドと、ノートン2気筒エンジンの湿った音に付いてであった(笑)

一夜明けて9月5日、6:30am。そろそろ布団を抜け出して、出発の準備を整える。

近所のファミレスで簡易な朝飯を摂り、20有余年の歳月で隔てられた2輪と4輪がR246を並走する!

背後から猛追する異様な吸気音に、少々警戒気味のいしちゃんだ(笑)
徐々に陽が翳った事もあり、僅かばかりの心地好さを覚えながら山道をいしちゃんに従い往くと、それは唐突に眼前へ現れた。

FISCOこと、富士スピードウェイである。

約束の9:00am頃になると、それぞれのルートと移動手段を駆使して今回の面子が三々五々と集結した。XR1000複座にてHD1さん&みっちゃん、同じくXR1000単座にてふにゃ山さん、いしちゃんS−XR、クルマを用いたのはひで&妊婦!今日子、そしてbabe&motoである。

東ゲート前にて、本日の主役!すのこさんから人数分のチケットと車両通行証2枚を戴き、一同入場する。
・・・と、さも親しげに名前を綴らせて戴いたが、実はすのこさんとは今まで顔を合わせる機会が無く、motoは本日が初対面なのであった。


ゲートを潜りクルマを進めると、数多の高らかなエキゾーストノートが耳をくすぐる。2010年度MCFAJクラブマンロードレース第3戦。その観戦が今回の主題だ。『 主役 』たるすのこさんはCSSCオープンにXR1000で出走!
午前中にタイムアタック、午後から決勝という流れだが、babe&motoは生憎の所用で決勝を待たず帰途に就かねばならない。あえて言い訳をさせて貰えるなら、それこそが今回はバイクでなくクルマで出向いた主たる理由である。

XR1000がクローズドサーキットを疾走るともなれば、応援する側とて礼を尽くさねばなるまい。

栄光のBOTTレーサー“魔王の鉄槌”ルシファーズ・ハンマーに敬意を表し、本日のmotoは’83年のデイトナをイメージした装いとした。
’80sのレーシングディビジョンTeeに揃いのバックル、キャップ、勿論シャツの裾はGパンにインだ。パドックパス提示用にと、AMAキャメルプロシリーズのパスホルダーも携えて来たのだが、パドックがフリーパスだったのでこれは無用の長物となってしまった。

ひで。に開口一番『 何かヘンだよ〜 』と言われても致し方ない、MFJ公認よりもMRC(moto Racing Casual)公認取得は厳しいのだ(笑)!

かつては大盛況を博したスポーツスターワンメイクだが、今回のエントリーはCSSCオープン、CSSC883を合わせても僅か6台(笑)! 当然、他クラスとの混走となるのだが、XB12Rとトライトンが並んでスタートを待つ姿はなかなか笑える光景だ。

『 Gentlemen,Start Your Engines! 』

の掛け声があったかどうかは聴いていないが、一斉に・・・とは言ってもキックだったり押し掛けだったりと様々ながら、各車エンジンスタート!
と、轟音の中#39のXRが車列から離脱! どうやらキャブが脱落したらしい(笑)


間も無くピットロードに復帰し無事発進、コントロールラインを通過するXRはトップスピード188km/h強を記録。しかしその勇姿がフレームに納まりきっていないのは、車速ではなく単に撮影者の技量と貧相な撮影機材の問題である(笑)
結局すのこさんはエントリー5台中の3位で午後の決勝を迎える事となるが、babe&motoはそろそろ時間切れ。場内のレストランで昼飯を摂り、2人カローラに乗り込んでFISCOを後にした。

居残り組から夕方届いたメールによれば、すのこさんのリザルトは残念な事にDNF。リタイアの理由はピニオンシャフト折れだった様だ。続く第4戦は10月のツクバ、それまでに是非ともXRを復活させ、今度こそ表彰台の一端を飾って戴きたい!



BACK TO TOPICS OF 2010 TOP