8月8日、9:30am。茹だる様な暑さの中レインボーブリッジを渡り、お台場に向かう。例年通り青海パーキングにて行われる、ムーンアイズ主催・第5回モーターサイクルスワップミートを覗く為である。
部品交換会、スワップミートの類には朝一で赴く、というのが信条だが、今回は既に開場時刻を30分も過ぎている。近所にも関わらず未だ会場入りしていないのは、自らの怠慢に他ならないが・・・などと言いつつも別段急ぐワケでもなく、周囲のクルマの流れに乗ってノンビリと会場に到着。


取り敢えず足早に場内を一回りし、時折知人に声など掛けながら目ぼしいブツを品定めする。
個人的には焦って抱え込む程の発掘は無く、一先ず古ステッカー1枚のみ購入し、後は某ショップのブースに腰を下ろしたり、気が向けば再度場内を見て歩いたり。

駐輪場では自分以外に2台のXLCRを確認。何れも都内のナンバーだったが、どうやら初見の車両である。待ち伏せしたワケではないので両オーナー氏の姿すら見ていないが、都内にもまだまだ大量のXLCRが潜んでいるのだろう。

売り物として並ぶ車両の中では、目が留まったのは1台のトライアンフ。正直トラ自体には特に興味が無いのだが、この個体はセリアーニGPフォークやH/Aキャリパー等々、好みのパーツで固められている。中でもLAKEキャブはまじまじと観察してしまったが、まあ例えばPOSAとか、物珍しいだけで実際には要らないなあ。moto的にはレクトロンやE.I.が関の山である。


なお今回も会場内でダンさんとお会い出来たのだが、正体不明の格安シートやらキャリパーやら数点を購入され、GLのパニアケースに詰め込んでおられた。
自分はと言えば、酷暑の中を数時間彷徨った挙句、財布を開いたのは結局この2点のみ。セリアーニの旧いステッカーと、AMAの旧いバックルである。
実はちょいと気になるホイールやキャリパーもあったのだが、交渉の甲斐無く価格が折り合わず、購入を一先ず見送った。何時か何処かのスワップミートで、一回り値下げされた彼等と再会出来る事を祈りながら・・・(笑)



BACK TO TOPICS OF 2010 TOP