5月31日。今日はモーターサイクルズDEN主催、A−DAY 10thの開催日。
いわゆるスワップミート、部品交換会の類が大好きなmotoは結構楽しみにしているイベントだが、昨年は天候不安、しかも川治温泉行と日程が重なった為に断念した。
今年も天候は芳しくないが、前夜の予報を楽観的に解釈、『 昼過ぎに帰って来れば大丈夫だろう 』という特に根拠の無い推論の下、兎に角行く事に決定した。

6:45am、自宅を出発。
7:00am、時刻通りに合流地点へ到着。しかし、待ち合わせていたガッタゴト氏の姿が無い。暫し待つも、現れる気配が無い。困った事にデンワにも出ない。
7:15am、途方に暮れかけていたmotoの前に、二人分の缶コーヒーを携えてガッタゴト氏が登場。どうやら近くのGSで給油と尾灯バルブ交換をしたところ、予想以上に時間を喰ってしまったらしい。

7:20am、何はともあれ一安心、山梨県は富士天神山スキー場を目指し、2台で出発する。

4号線から中央道に入り、特に混雑も無く快走。
談合坂SAにて給油と一服を挿み、再び河口湖ICへとひた走る。
80mph前後で巡航し、同じくA−DAYへと向かうのであろう幾つかの集団をパスする。

気休めにも好天とは言えないが、悲観的になる様な荒天でもない。むしろ、少し涼しくて鋳鉄ヘッドには有難い位だ。厚い雲間からは、陽の光も時折降り注ぐ。
やっぱり行く事にして良かった〜
疾走するガッタゴト氏&XR1000。
以前から撮りたかったのだが、ようやく撮れた。まんまと手ブレしたが。

今更言っても後の祭りだが、走行中のXRは左側の方が画的に映える気がする。2段連なって後方に真直ぐ伸びる排気管は賑やかだし、見た目にもスピード感があるからだ。
左側も撮っておくべきだったな〜
ついでにmoto。
いつも走行中の画像が自分だけ無くてクヤシイので、試しに自ら撮ってみた。

しかし撮る前から薄々想像は付いていたが、カメラが近過ぎてスピード感もまるで無いし、何と言ってもバイクが一切写らないのが致命的だ。専属カメラマン募集!
8:45am、河口湖ICを降りてR139を右折。
時間にして10分程直進した後、天神山入口交差点を左に折れる。緩やかなワインディングを駆け上がれば、そこはもう目的地の富士天神山スキー場である。
概ね予定通り、開場時間の9:00amきっかりに到着出来た。

会場入りすると一先ずガッタゴト氏と別れ、各ブースをざっと見て廻る。
早々に目に付いたのがコレ。遠目には単なるダートラシートに見えたのだが、アレッ?と気になり歩み寄ると、それはやはり後端を乱雑に切り詰められた、XLCRの純正テールカウルだった。シート革を留めるドットボタンも、何故か全てもぎ取られている。勿体無いな〜
当然、買っていない(笑)

10:00am、ひで&今日子がハイエースで到着。これで心置きなく物欲に従える(笑)
10:30am、HD1さんが合流。バイクは久々のXR1000だ。同伴の萌嬢(仮称)も新車のXL883Lを初お披露目〜

この後、午前中一杯を費やして一通り会場内を見終えたが、結局誰一人として大物の購入には至らなかった。motoも気になるモノこそ数点あったが、金額的に少々折り合わなかったりで、今回のお持ち帰りは1点に留まった。

宝探しも一段落すると、お決まりの駐輪場散策。今年の印象としては、兎に角アイアンが大幅に増えた様に思う。サイドバルブや英車勢も目を引いた。その他車種、年式共、多岐に渡るバイクが居並んでいたが、やはりXLCRはmotoの1台のみであった。
因みにXR1000はHD1さん、ガッタゴト氏の2台の他、もう1台と出口付近で擦れ違った。会場では名古屋のナベさんともバッタリ遭遇したが、今回はご友人と共にクルマでのご来場だった。
そして駐輪場で雑談するうち、今度は前方にアイアン女子てっしーの姿をも発見。同伴者があったので挨拶程度にしか話さなかったが、彼女もやはりクルマでの参加だった様だ。

1:00pm、当初の予定では既に引き揚げている筈の時間だが、つい長居をしてしまった。
ポツポツと頬を打ち始めた雨粒を合図に今日はお開きとなり、挨拶もそこそこに会場を後にするが、遅きに失した。この後は帰路延々の雨、雨、大雨。往路同様、談合坂SAにて給油のみを行ない、足早に東京を目指す。八王子の料金所を抜けた所で、ガッタゴト氏とも一応の解散とした。

その後は一刻も早く雨をやり過ごす為、飛沫を上げながら若干ヒステリックに飛ばしたのだが、所詮はそれも徒労であった。結局、帰宅するまで絶え間無く大粒の雨に打たれ続ける羽目となった。
ズブ濡れのGパンとグローブを絞り、ブーツに古新聞を詰め、革ジャンは陰干しする。
結果的には何とも酷い天気だったが、それでも楽しかったし、行って良かった。やはりイベントは、バイクで赴く事にこそ意義があるのだ。
・・・クルマの人も居てくれないと困るが!(笑)

で、今回唯一の戦利品がコレ。ブランチ・インコーポレーテッド製のマニホールド。
実はほぼ同様の物を既に所有しているのだが、状態の良いインシュレーターが付属していた為、ついまた買ってしまった。非常に安価でもあったし。

行く度にジャンクパーツが増えるだけの気もしないでもないが、きっと来年も富士天神山を再び目指すのだろう。勿論仲間とバイクで、ね。


BACK TO TOPICS OF 2009 TOP