moto自身、若干憂慮していた事態ではあるのだが、ここ最近の『 TOPICS 』はXLCRとほぼ無関係な話題・・・いや敢えて明言すれば、モトクロス絡みな話題にかなり傾倒している(笑)
まあ、XLCRで『 横浜に行きました 』とか『 湾岸を走りました 』では、話にあまり拡がりも無いので仕方が無いと言えば仕方が無いのだが。
そこで、若干ムリヤリだが面目躍如を狙い?AMFハーレー・ダヴィッドソンとビンテージMXとを絡めた話をしてみる。

そもそもスノーモービルやモーターボートでも知られる様に、AMFは総合レジャー企業であり、H−DにとってもAMF期はRV=レクリエーション車が充実した唯一無二の時代であった。無論その多くはオフロード車であり、コンペティションモデルとしてはバハ100やスプリントERS等が存在したが、その頂点にあったのがMX−250である事は紛れも無い事実だろう。
伊アエルマッキ共同開発2ストロークエンジンを米国内でモディファイ、自社製及びC&J等のフレームに搭載したこのビンテージアイアン。AMAダートトラックに於いてはショートトラックに投入され、言わずもがな、AMAモトクロスにも参戦。だが、高いポテンシャルを誇った・・・というのは、あくまでH−Dという脈絡の中での話。結局ヤマハ、カワサキ、ホンダ、スズキの日本車勢、ハスクバーナ、マイコ等の欧州勢に一矢も酬いる事なく、時代の波間へと消えて逝った。
XR750同様のジェットファイヤーオレンジを纏ったこのMX−250、まあ確かにビジュアルはカッコイイと思わなくはない。が、流通価格その他諸々の面から見て、泥遊びだけの為にコレを所有するってのはあまり現実的には感じられない。
コンペティションモデルに拘らずとも、当時のラインナップにはTX−125、SX−250等々のオフロード車が存在する。まあ今日となっては何れも珍車と呼ばざるを得ないが、一応それらを入手しさえすれば、AMFハーレー乗りとしてVMXに参加は出来るワケだ。


例えばこんな感じで。
ウェアはAMF純正のメッシュジャージと革のモトパン、ライン入りの編上げブーツはケン・メーリー謹製。装具類はやはりAMF純正のオープンフェイスにベル570バイザー、ゴム管グローブ。
恐らく、『 ビンテージモトクロス 』と言って一般的に思い浮かべられるのはこういうスタイルだろう。まあ、確かにこういうのもカッコイイと思わなくはない。
が、


・・・どちらかと言えばこんなんとか。


・・・はたまたこんなんとか。

自分が普段乗るバイクと同じで、こういう’70s後半〜’80sなヤツの方が、moto的には断然カッコ良く見える。
例えばビンテージスーパークロス=VSXとか、’80sMXなんていうイベントないしカテゴリーが出来れば、そっちの方がより楽しそうだ。
トライアンフ・トライアルカブやらドゥカティ・スクランブラーやらが走っているのも、見る分には楽しいだろうが、正直あまり自分が乗りたいという感じはしない。しかし、仮にもH−DでVMXをやるとすれば、それは取りも直さずその境地に足を踏み入れるという事だ。

・・・本末転倒だが、結論としてmotoの中ではH−DとVMXはあまり強くは結び付かないか(笑) アレはアレ、コレはコレだ。
やっぱりいずれはインターカラーの空冷YZあたりが欲しい、ね。



BACK TO TOPICS OF 2009 TOP