9月23日(祝)、秋分の日。
別にバイクネタでは無いのだが、一部諸氏のリクエストに応えて以下をUPする。
本日はbabe君よりお声が掛かった半日バイトに就労。仕事内容は、地元のお祭りに赤飯400食を供する為の箱詰め、包装作業のお手伝いである。終了後は当然飲みに流れるので(笑)晴れ空に後ろ髪を引かれつつ、XLCRではなく地下鉄に揺られて新宿へ。
約束の時刻7:30amに現場入りすると、babe君、てらさん、今日子嬢、マヤちゃんは既に作業中、motoも急ぎ戦列に加わる。
babe君は赤飯を炊き、今日子嬢、マヤちゃんは箱詰め、motoは包装。お目付け役てらさんは胡麻を振ったり包装を手伝ってくれたり。このメンバーだけに雑談交じりなのは言う迄も無いが、そこはお仕事ゆえ、手は休めず真剣に赤飯と格闘する。すると、こんなところでもmotoの悪癖が発露?赤飯を包んで紐を掛ける行為に何故か熱くなってしまい、作業光景の画像は未撮影。しかし精神面だけの話でなく、作業中は物理的にも極めて暑い!着替えを用意してきてヨカッタ。
兎にも角にも全員奮闘の甲斐あって12:30頃に作業は終了。納品を済ませて待望の昼食にありつく。ここからは完全遊びモードである。


5人での昼食を済ませ、さあ〜これから何して遊ぶか〜談議の出鼻を挫いてマヤちゃんが『あたし帰ります』宣言。B型である。
じゃあ〜4人でボウリングでも行くか〜ムードの男3人を横目に今日子嬢が『あたし洗車します』宣言。B型である。
しかし洗車しようにも、今日子嬢のXRは先日からサイドスタンドのピンが脱落したままなので、そもそも自立しない(笑) そこでダーリン@ひで。さん特製の対策品削り出しピンを圧入。平ワッシャーを被せて割ピンを挿す。ウ〜ンなかなかの仕上り。
しかし、残念ながらガレージにはスプリングフックが無い。スプリングのフレーム側をまず引っ掛け、スタンド側をドライバーの先で懸命に引っ張るも若干届かない。結局、後日てらさんが家からスプリングフックを持ってくるという話になり、今日のところはプランプランのまま作業頓挫。
暫く経って今日子嬢の手際の悪い洗車も終わり、水切りついでに少し走って給油。陽も少し傾き出した頃、ボウリング場へと移動する。


そもそもボウリングの言い出しっぺはbabe君だし、学生時代のアベレージが200!などという事前情報も耳にはしている。対するmotoのスコアが200超えしたのは、バイク便時代に社内コンペでまぐれ優勝した時ただ1度のみ。いかにも敗色濃厚だが、力量や経験に関係なく、可能性を放棄してはならない。笑いを獲る為に・・・じゃなかった、自らを鼓舞する為に、用意してあった着替えに袖を通す。
それは一見ボウリングシャツっぽい、グッドイヤー純正のピットクルーシャツ。黒×ピンクの本気なボウリングシャツも考えたのだが・・・例のボタンがピンの形になってるヤツね。もしボウリングが無しになった時に、それを仕込んできた自分が寂し過ぎるのでやめた(笑)


着替えを済ませてロッカーから姿を現すと、幸いにも皆が充分にウケてくれた?ので、もう今日のお役目は大方終わった様なモンである。
とは言えゲームはゲーム、投球はmoto、babe君、てらさん、今日子嬢の順。カートでもそうだが、何故いつもmotoがトップバッターなのか?やはり誰かの陰謀なのでは・・・ ともあれレーンに立ってゲーム開始。4人の華麗なる投球フォームを見よ!(笑)
こう言うとムキになるかも知れないが、正直予想していたほどbabe君の滑り出しは抜きん出ていなかった。これなら大差は付かないのでは・・・?


と思った挙句、終わってみればコレ。
スコア表は左からbabe君、moto、今日子嬢、てらさんの順。babe君以外はドングリの背比べ。大敗である。僅差で最下位となったてらさんが、フォームは最も華麗だったが・・・(笑)
因みに各自¥100−をスコアボードに置き、ストライクを出した者がその都度総取り、というルールも適用。そちらの方は終了間際までストライク4投でmotoが稼ぎ頭だったのだが、2ゲーム目の10フレームでbabe君が突如ターキーを出しストライク6投に、一発逆転された。試合に敗けて、勝負にも敗けた様な感じである。


今回のオチはコレ。XLCR乗りには見慣れたロゴ入り、ボウリング場のAMF製ベンチである。
AMFじゃん、バイク絡みじゃん、というbabe君のゴリ押しと、motoと全くの同スコアを叩き出した今日子嬢の熱望により、今回のTOPICSはUP致しました(笑)
まあ〜最後のターキーは見てる方も気持ち良かったしね、悔しくないと言うと真っ赤っ赤な大ウソになるが、今夜も皆と美味い酒が飲めた。それが何よりである。またボウリングやりたいぜ。
最近敗けが込んでいるmotoであるが、次はどんな勝負がオレを待っているのか・・・



BACK TO TOPICS OF 2008 TOP