7月19日。夏の到来を告げる定例行事となった感のある、湯の丸ツーリング初日。
往路は各方面からグループ単位で現地集合の為、 東京発のbabe君、てらさん、今日子嬢とは新宿で待ち合わせ。時間は10:00amと遅めだったが、motoの遅刻で更に15分程出発を遅らせてしまった。これが後に不測の事態を・・・
関越道に乗り、三芳PAでベベル750S乗りのY部さんと合流。ただし今回は883ハガーでのご参加。
ちょうどこの三芳PA付近から、出口の見えない渋滞が始まっていた。今日は世間的にも3連休初日、多くの学生さんにとっては夏休み初日。梅雨明けは未だ報じられていないが、朝早くから焼け付く様な陽射し。これで何処にも遊びに行くな、というのがムリな話か。とりあえず休憩地点を凡そ80km先の駒寄PAと決め、各々のペースで向かう事にする。
この炎天下に、鋳鉄ヘッドで延々と渋滞にハマっていたくはないのが正直なところ。さっさと渋滞をやり過ごしてエンジンを一休みさせる為、motoは率先して擦り抜け開始。しかし兎に角クルマが多い。断続的ではあったものの、渋滞の総延長は50km近くあった様な気すらする。幅広のXRバーやパニアケース付の皆とは差が開いて当然、駒寄PAでは30分近く休む事が出来た。



渋川伊香保ICで関越道を降り、水沢うどんを食って榛名越え。XRは右コーナーに弱く、CRは左コーナーのバンク角が足りない。右で追い付き、左で離される。いつもながら、babe君とワインディングを走るのは結構面白い。
嬬恋のキャベツ畑で記念撮影。浅間山をバックに心洗われる光景だったのだが、撮影アングルの都合上、肝心の浅間が写っていない。暫く走って、目的地も程近くの温泉宿で一っ風呂。すっかりビールが恋しくなって、太陽も傾きかけた頃に湯の丸へ到着!すると、既に他方面からの面子もほぼ揃い踏みしていた。


さて、コレはいきなり酒宴もたけなわの光景。いかにも楽しげな雰囲気が伝わって来るが、motoはそれを味わっていない。なぜならこの場に居ないから。
motoはヤボ用で、どうしても19日の内にローソンに寄らねばならなかった。しかし出掛けは時間に遅れていたので、都内で立ち寄る事を断念。まあ高速を降りてから、湯の丸に着くまでに停まり易いローソンがいくらでもあるだろう・・・と思っていたのだが、全く見掛けないうちに現地入りしてしまった。
止むを得ずbabe君の地図を借りてローソンを探すが、最寄の店舗まで何と20km近く!ある。しかし用事をさっさと済ますべく、そろそろビール開栓、の雰囲気アリアリな面々を横目に、独りXLCRを駆って国道に出た。まあ走ってさえいれば、途中にローソンの一軒位あるだろう・・・という甘い期待も見事に裏切られ、スンナリ地図上の地点まで到着。しかしローソンなど何処にも見当たらない。聞けば昨年閉店した!らしい。
その後は近隣住民の声を頼りに市街地を走り廻るも、往けども往けどもセーブオン。たまにセブンイレブン。どうにかローソンを見付けて帰途に就くまでに結局2時間掛かった。侮り難し、長野コンビニ事情。
辺りはもう完全に暗くなり、山道にスモークシールドでは全く以って視界ゼロ。仕方無くコンペシールドを外して走れば、容赦無く顔面に飛び入る夏の虫。
motoがそうして孤軍奮闘?している間、皆様はこんな感じで楽しんでおられたワケだ。嗚呼。


ようやく皆の元まで舞い戻ると、殆どの面々が既に出来上がっており、馬刺も売り切れ。自責とは言え、イイとこ無しである。デッキに並んだ椅子の空席状況から、motoの寂しい胸中を何となく察して頂きたい(笑)
缶ビールを呷りながら取り留めの無い話をし、季節外れの蛍を見たのが強く印象に残っている。
どうやら今日、梅雨は明けたらしい。2:00am頃、就寝。


一夜明けて。珍HOGが居並ぶ朝の光景に、寝ずの番の豚さん蚊遣りも呆れ顔。


それなりの人数が居るので、当然だがメットも沢山あるなあ・・・ あれ?何だかヘンなものも一つ混ざってない?


さて、今回は3連休という事もあり、集まるのがバラバラなら帰るのもバラバラ。19日泊組、20日泊組、連泊組。
motoは19日泊組だったので、東京方面隊と一緒に早々に帰路に就こうかとも思ったのだが、正直まだ走り足りない気がする。というワケで、もう少し走ってから帰る事に。


湯の丸ホストのHD1さん、早戻り組のY部さん、ガッタゴト氏、babe君、今日子嬢、てらさん、tetsuさん、takkey君とはここでお別れ。20日泊組のサニータさん、マ○シさんとは会えないままに湯の丸を後にし、以後は走り組と行動を共にする。


走り組の顔ぶれは、ふにゃ山さん、黒キングさん、神奈川方面隊のノビンさん、ひで。、いしちゃん。
前日同様にキャベツ畑で記念撮影をしたが、 奇しくも?メンバーは完全入れ替わり制。


この後ところどころで行楽地の渋滞に巻き込まれつつも、ワインディングと美しい景色、これまた美しいふにゃ山さんのライディングフォームを堪能。志賀高原でドライブインのボルシチを食い、湯田中で温泉に浸かり、女将さん手造りの紫蘇ジュースを戴いて、そろそろお開き。


湯の丸へ戻る連泊組のふにゃ山さん、黒キングさんとは途中で別れ、帰路は神奈川方面隊のノビンさん、ひで。、いしちゃんとmotoの4台。
上り渋滞解消を期待してゆっくり夕食休憩した中央道・初狩PA。しかし、ここでH−D純正シールドバッテリー様の御機嫌が若干ナナメに・・・ 取りあえずいしちゃんに押して貰い、2速であっさりエンジン始動。エンジンを止めたくなかったので、別れの挨拶もそこそこに渋滞30kmの車列へ突入。往路以上の速さで渋滞を潜り抜けたまでは良かったものの、八王子に差し掛かる辺りから徐々に前照灯が明度を喪失い、それと引き替えにジェネのインジケーターランプはフルタイム点きっ放しに。高井戸で首都高に入り、永福料金所を過ぎた所で電力は尽き、鋳鉄の心肺は完全に沈黙した。発電系がイッたのだろう。
事ここに到って迷う余地無し、任意保険に組込の無料レッカーサービスを早急に手配。ダメもとでデンワしたら運良く残業していた某ショップにXLCRをそのまま託し、motoは地下鉄に揺られて帰宅。
そんなこんなで一息吐いたのは01:00am過ぎ、それからパーツリストと睨めっこなどして、夜明け近くに眠りに就いた。




BACK TO TOPICS OF 2008 TOP