不肖moto、感激のお誕生日会から一夜明けた日曜日。注文しておいたバッテリーが手元に届く。
実は先週XLCRを始動した時、少々セルの回りが弱々しかった。今のバッテリーは捕水と充電を繰り返しつつ、何だかんだで4年以上使っている。まあそこそこ保ったよなあ。最近寒くなってきた事もあり、そろそろ新品に取り替えようと。
で色々と考えた結果、今まで使った事の無い、いわゆる密閉式バッテリーを使ってみる事にした。しかもH−D純正品!


純正品だけあって、バー&シールドのマークなんかも入っている。しかもちゃんと?MADE IN U.S.A.だ。
XLCRはサイドカバー内にバッテリーがしっかり隠れるので、どうせ外からは見えないのだが・・・半透明の開放型バッテリーより、何となくルックスもイイ感じがする。


永年お世話になった湯浅電池に別れを告げる。さらばユミクロン。細かい事だが、もうブリーザーパイプの取り回しに気を使わなくて良くなるのも嬉しいポイントだ。


当たり前だが、所定の位置にすっぽり納まる。さすがH−D純正品(笑)!
外箱に“ Maximum Starting Power ”=究極始動力(超訳by.moto)と書かれているので、否が応にも期待が高まる。


イグニッションキーを捻り、いざセルボタンを押す。
呆気無く?一発でエンジン始動。正直よく判らなかったが、心なしかいつもより勢い良くセルは回った様な・・・心なしかライトもいつもより明るい様な・・・そりゃあ新品だから当たり前であろう。


調子を見がてら、近所を軽く流す。moto的には定番のお台場方面へ。ウ〜ン、いつもながら絶好調。

日が暮れるのもすっかり早くなり、18時頃にはもう真っ暗だ。革ジャンの中もTシャツ1枚では心許なくなってきたし、最近少しずつ冬めいて来たなあ・・・とか思っていたのだが、何とお台場には既にクリスマスツリー。コートを着込んだ若い男女が、仲睦まじくそれを見上げていた。今年もそんな季節かあ・・・
で、試しにケータイでお台場のツリーを撮ってみたのだが、かなりイマイチだった。次は35mmの一眼でも持って来よう。



BACK TO TOPICS OF 2007 TOP