何と6月にして、今年初めての『 TOPICS 』更新である。別にサボるつもりでは無かったのだが、昨年は各方面にご心配をお掛けした為、次回更新時のネタは腰上O/Hの作業画像公開にしようと思っていたのである。
が!画像提供元が多忙でデータの整理がなかなか出来ないらしく?未だ半分位しか手元に届いていない。そちらはまだ当分UP出来そうにないので、取りあえず別ネタで更新する事にした。
今年も既に6ヶ月目に入っているので、一応の2007年上半期報告という事で・・・


まずは1月7日、何は無くとも迎春ツーリング。
今年のXR組はHD1さんといしちゃん。伊豆方面が快晴だったのは良かったが、この日は何せ海沿いの風があまりに強く、新年早々潮まみれ。山道では凍結防止剤まみれ。慣らし中ゆえにワインディングでも回転数に神経質になり、皆にどんどん置いていかれる。帰りは渋滞にハマる。イイとこなしの一日だったが、疾走りながら見た光景、折からの強風に煽られた波飛沫が、陽光を照り返しながら大海原を吹き渡って往くさまは、荘厳なほど美しかった。お昼の天婦羅そばも美味かったし、まあ良しとしよう。

ただしこの日以降、やはり慣らしが済むまでは自分のペースで走りたいと痛感?し、独りチマチマ走り回ること数週間、2月に一先ず慣らし目安の1,000kmを走破、オイル交換を行なった。今後は様子を見ながら、徐々に回転数を上げていく事とする。


いきなり3ヶ月飛ばしてしまうが、続いては4月1日、KSSM5=第5回関東スポーツスターMTG時の画像。
毎年特に何があるワケでもない集まりだが、場所も川崎マリエンと近く、最近はアイアンスポーツ系もチラホラ居る様なので覗きに行ってみる。第一京浜でXRのガッタゴト氏、babe君、今日子嬢、FLTRのマヤちゃん、コージ君達と合流、10:30am頃に会場に到着。
余談ながら最近の画像を見てみると、ヤケに色モノの革ジャンを着ている事が多い。たまたまそういう気分の時が続いたのか? この日の一着はラングリッツの青いキャスケード。


会場にてziziさん、HD1さん、ノビンさんと合流。
暫く振りにダンさんとも合流。一緒に場内をつぶさに見て廻ったが、アイアンスポーツはKフレームをチラホラ見掛けるものの、XLCRはやはり我々2台だけであった。ダンさんがイベントスタッフから『 XLCRで来てる女のコが居ますよ! 』という情報を聞きつけ、もし本当なら是非共お近付きに・・・(笑)と目論んでいたのだが、全く以って単なるデマだった事が判明。無念。

今年は気のせいか台数が若干少なかった様に思えたが、それでも400台前後が集まったらしい。ダンさんとはここで別れ、帰るバイクで出口が混雑する前に、そそくさと会場を後にした。この日の画像は全てHD1さん提供。


5月27日、ムーンアイズ主催のモーターサイクル“ ショー&スワップミート ”へ行ってみる。
会場は東扇島アライオートオークションベイサイドで、先日の川崎マリエンとは目と鼻の距離だ。motoのお目当ては勿論スワップミート。部品交換会の類はやはり朝イチで行かなくては、というワケで少々早起きして会場へと向かう。
その途上、『 あ〜、コレは確実に東扇島行きだな〜 』と露骨に判るトラチョッパーやボバースタイルのH−Dの集団を幾つか追い越す。やはりイベントのカラー的にはあちらの方が圧倒的に正しいのだろう。
とりあえず開場数分前に現地に到着。まずは足早に場内を一回りしてみたのだが、moto的に目ぼしい物はあまり無く、暫くウロウロしてから、結局No.1マークの黒いポイントカバー1個を買ったのみで会場を出る。

帰る前に駐輪スペースのバイクを見て廻る。パンやナックル、果てはサイドバルブ等のオールドモーターが随分多く、ある意味感心した。アイアンスポーツは’70s前半のレインボーカラーを何台か見掛けたぐらい。それから、ヤケに見覚えのあるXR1000が1台。思った通りziziさんのXRだった事が後日判明するが、当日はお会い出来なかった。
上は駐輪スペースでカメラを構えていたJantaさんから戴いた画像。革ジャンはトリコロールのベイツ、メットはベル500−TX。コンペシールド派のmotoはオープンフェイスにシェードで走るのはあまり好きでないが、若干オールドスクールっぽい格好をして行こうと気を遣った?結果である。


6月3日、モーターサイクルズDEN主催のスワップミート、A−DAYを覗くため富士天神山へ。
前夜は飲み会で終電近くまで飲んでたが、こういう時は不思議と目が覚めるものだ。上でも書いたが、部品交換会の類はやっぱり朝イチで行かなくては。というワケで、朝6時に起床してタイヤの空気圧等をチェック、7時頃に出発する。

朝の中央道は思ったよりもガラガラ。それっぽいバイクと遭遇する事も殆ど無く、アクセルを開け続けること約1時間、早くも河口湖ICを降りてしまった。途中でGSに寄るが、いいペースで走って来たせいか、4リッター弱しか入らない。ワインディングを駆け上がり、会場に着いたのは開場30分前の8時半。バイクは優先的に入場出来たが、会場近辺は大物パーツ目当てで来場した4輪が既に長蛇の列を成していた。
ここで、前夜の飲み会で『 じゃあオレもロードスターで行こうかなあ〜 』と仰っていたHD1さんにデンワを入れてみる。すると『 いま河口湖ICだよ 』と心強いお言葉! 大物は買わないつもりでマウンテンスミスのバッグだけで来たmotoだったが、結局開場とほぼ同時にグッドイヤーイーグルA/T美品を衝動買い! 勿論HD1さんのロードスターに積んでもらう前提で(笑)
というワケで、HD1さんと合流する頃には既に上の画像の様な体たらくであった。その後はそれぞれ場内を物色し、一つ二つ買い物を。だが一番のお目当てだったミラーは買えず終い。
会場ではダンさんともお会い出来たのだが、今回は不意の?買い物に備えて、XLCRでなくサイドバッグ付のGLでのご来場だった。
場内の出店で昼食を済ませ、例によって来場者のバイクを見て廻る。ショベル以前の年式がメインのイベント、という勝手なイメージを抱いており、事実パンやナックルも結構な台数が居たのだが、ブロックヘッドとTC88はそれらより遥かに多かった。KやXLCHも数台見たが、やはりXLCRやXR1000は他に1台も居らず、今更ながら騒いでるのはホンの一握りの変人だけで、本当はこんなバイクが欲しい人なんて殆ど居ないんだな〜と思った。
すっかり午後になり、それでも未だに来場するバイクが居る。スワップミート目当てと言うより、仲間とツーリングがてらなのだろう。HD1さんとmotoは13時頃に会場を後にした。時間帯のせいか帰りも道は空いており、1時間40分程度で帰宅した。天気も良く爽やかな気候で、いかにもバイク日和という風情の1日だった。
この日の革ジャンはベージュ×赤のベイツ、メットはベルのマグナム。なお、この日のXLCRの画像もJantaさんより戴いた。


A−DAY翌週の6月9日の夜、HD1さんに積んで帰ってもらったグッドイヤーを回収するため、トラックを転がして一路小田原を目指す。
18時半頃に出発、R246から環八に流れ、道中ヒマそうなので誘った今日子嬢を19時に用賀で拾う。この時点で既にポツリポツリと雨が降り始めていたのだが、東名から小田原厚木道路に入った途端、前が見えない程の豪雨に! 周囲の暗さと相まってスピードも落ち、更に荻窪ICを降りてから曲り角を一つ間違えたため、HD1さんと合流したのは20時半近くになってしまった。
せっかく小田原に来たんなら、美味しい魚が食べたいなあ〜、という我々の身勝手なリクエストに応え、HD1さんが小田原漁港に程近い、行きつけの魚料理屋に連れて行ってくれた。グルメリポートは不得意中の不得意なので、詳細は画像に譲るが・・・美味そうでしょ?そう、とても美味かった(笑) 勿論全てペロリと平らげた。味もボリュームも値段も満足だったが、強いて一つ不満を言うなら、そこはやはり運転のある身、ビールが飲めなかった事であろう。助手席の今日子嬢は一人グビグビ(笑)
満腹になったところで本題、HD1さんのガレージにお邪魔してグッドイヤーをトラックの荷台に放り込む。更にお宅にまでズカズカと上がり込み、美味しいコーヒーをご馳走になる。大勢でお会いしている時とはまた違った話題で盛り上がり、気が付けばあっと言う間に午前様。雨も小降りになり、名残惜しいがそろそろ帰途に就く事とする。本当に色々有難うございました!

ガラガラの東名を上って東京へ戻るも、今日子嬢を送り届けた後で更に別の友人宅に寄り、結局帰宅したのは朝の5時半だった。それにしても¥1,000−(!)で買ったタイヤを回収するのに、往復の高速代とガス代で結局¥5,000−以上掛かってしまった(笑)


お気付きの方も居るかも知れないが、今回の『 TOPICS 』画像は、全て人様からの戴き物である。実は暫く前からデジカメが故障しており、直すワケでもなく放置しているので(笑)それも更新が出来なかった理由の一つではある。

2007年6月10日現在、XLCRは昨年末の腰上O/H後から約3,000km程を走行。moto車はもともとメカノイズも少ない方だったが、兎に角エンジンが静かになった、という印象はある。さすがに上はまだそんなに回してないが、結構ストレス無く吹け上がっている様には感じる。詰まるところ、概ね快調である。めでたい。



BACK TO TOPICS OF 2007 TOP