26.MAY.’19


5月26日。どうしても直したい。今日はどうしても出掛けたいので、やっつけ仕事でいいからどうにか直したい・・・もとい、どうにか誤魔化したい。とりあえずは河口湖まで、行って帰ってくるだけの間もてばいいのだ。


1:00am。こうして取り外してみると、欠けた側の破片自体もバラバラになってしまっていた。破損したウィンカーステー取付孔はテーカウルのかなり端寄りの部分なので、本来ならばガラスクロスで大きく包む様にFRP補修して、成型後に孔は新たに開けなおすのが一番良さそうな気がするが・・・


敢えて言うまでもなく朝までにそんな芸当は出来ないので、とりあえず二液硬化型の速乾エポキシで破片を一つに接合してみる。


3:00am。破片が硬化するのを待って、更にテールカウル本体と接合してみる。合せ面から押し出されてくる位にたっぷりとエポキシを隙間なく充填し、仮眠を取って朝を待つ。


6:00am。本来ならば丸一日ほど静置したいところだが、間も無く出発せねばならない。試しに恐る恐る貫通部へとゴムのブッシュを圧入してみると・・・

う〜ん、どうだろう? 現時点では、特に不安を感じない程度の強度が確保出来ている様な気もする。


とは言えそこまで全幅の信頼も置けないので、一応の予防線を張っておく。タイラップでウィンカーステーを吊る様にして破損部分への荷重を軽減、なおかつ虎の子のYANKEE脱落に備える。大径のワッシャーも挿んで、接合部位全体に広く圧力が働く様にしてみた・・・まあ、所詮は気休めだろうが。

そうこうするうち、自宅を出られたのは結局8:30am近くになってしまった。


9:30am、中央道・河口湖IC。やはり養生期間が足りなかったか、高速走行の振動とYANKEEの重みに堪えかねたか? 補修部分はあえなく破断してしまっていた。
時折テールカウルを気にしつつ爆走すること約1時間、談合坂を過ぎる辺りまでは確実に無事だったのだが・・・ 辛くも、予防線としてのタイラップが機能したかたちである。


10:00am、ふじてんスノーリゾートに到着。どうにか今年もA−DAYに参加出来たのはイイが、兎に角もう暑すぎる。出発が予定より遅れたせいで、入場ゲート前は既にかなりの行列、気温もグングン上がってきた。ヤバいな〜とは思っていたが、ゲート通過直後に久々のキャブオーバーフロー、そのままオーバーヒートでエンジンがストール。もはや目と鼻の先となった駐輪場まで到達できずして、暫しのクールダウンを取る羽目となる。

どうやら本日を以て、今年のバイクシーズン前半戦も終了だな・・・


A−DAYの駐輪場も、ここ数年で新しいエンジンのバイクがかなり増えた。以前はパンとかナックルだらけの印象だったのだが・・・ しかし最近の流行りなのか、以前は殆ど見掛けなかったアイアンだけは旧車の中にあっても爆発的に増えた様な気がする。

こちらの感性が鈍ったのか、世間様との乖離がより一層進んできたのか、こうして居並ぶH−Dをつぶさに眺めて廻っても、心底カッコイイと思う事は近年そうそう無くなった。今日も駐輪場で最も目を奪われたのは、スワローハン装着のH2と、スクエアケースの900SSであった。


来場者、もとい来場車の変遷が、出店者側の顔触れや品揃えにも少なからず影響を及ぼすであろうことは想像に難くない。イベント自体は変わらず盛況であるが、私自身はここ数年あまり食指の動く物がなく、文字通り『 参加する事に意義がある 』とばかり、ただXLCRを疾走らせる為に足を運んでいる感が強い。

とはいえ今回は、『 予備のテールカウルが欲しい! 』という明確な物欲を胸に抱いてこの場に在るワケだが、そう容易く見つかる様であれば苦労は無い。せいぜい他の来場者が牽くカートの中に、よく似た社外のシートを見つけ一瞬ギクリとする程度が関の山である。


12:00pm。会場近くのコンビニ前でガッタゴト氏と合流する。20年来探し求めた激稀少キャブを今朝がた遂に手にして喜色満面の氏と対照的に、motoが手に入れたのは黒色絶縁テープただ1巻のみである。


その後はガッタゴト氏と共に、もはや慣例となりつつある近くの日帰り温泉施設へ。今回はA−DAYの会場内で一度も顔を合わせていない上に買い物もしていないので、名実共に温泉メインである(笑)

富士を眺めつつ浸かる露天はやはり気持ち良く、もっとノンビリしたい衝動にも駆られるが・・・酷暑のさなか延々たる擦り抜け走行の帰途に就くのも想像するだに気が滅入るので、上り渋滞が烈しくなる前に出立する。



4:30pm、帰宅。兎に角今日の暑さには閉口したが、どうにかYANKEEも紛失せず無事一日を楽しめて何よりであった・・・ と思ったのも束の間、気付けば今度は三度チェーンガードが折れてしまっているではないか! トホホ〜

やはり本日付で、今年のバイクシーズン前半戦は終了だな・・・



BACK TO TOPICS TOP