取りあえず、直した。
溶接後に亜鉛メッキを・・・と言いたいところだが無かったので、単なるシルバーの耐熱塗料でお茶を濁した。まあ上々だろう。
折角なのでちょっと角度を変えて、停車時に出し易くしようと思ったのだが・・・あまり変わらない。もっと長くすれば良いのかも知れないが、必要以上に伸ばすと何かの拍子にまた折れそうなので、これでガマンする。
ところで、今日走ったら今度はチェンジペダルのラバーが折れてしまった。それで気付いたのだが、外身のラバーを見て想像していたより、中身のペグ自体は長くない。だから折れるのでは・・・ まあ早いうちにこれも替えよう。



BACK TO TOPICS OF 2005 TOP