26.DEC.’14


12月26日、7:50pm。昨日までの浮かれ騒ぎは何処へやら、街の空気は一夜にして粛々とした年末ムードへと入れ替わっている。世間的には今日から正月休みの企業も多かろう、きっと気の早い連中はこの週末にも東京を脱出して、また都心がもぬけの殻の様になるあの数日間が訪れるのだ。


しかし、今夜こうしてXLCRのエンジンに火を入れたのは、師走の宵闇を切り裂いて疾走りに興じるのが目的ではない。行先は所要時間にして僅か十数分、いざという時に頼れる元メカニックbabe君宅の車庫・・・もとい、本人曰くガレージだ。
実は、以前から時々おかしかったミッションの具合が最近いよいよ芳しくなく、そこへ持って来てタイヤは丸坊主だし、ブレーキパッドはペラペラだし、ジフィースタンドも折れたままだ。ちょうどこの年末で車検有効期間満了なのだが、一度に直してそれに間に合わすには残り時間も資金も全く乏しい。そこで一先ずは車検のある内にbabe君宅へ入庫させてもらい、ここでミッションを開ける運びとなった。特殊工具も猛蔵さんからお借りしたし、いざという時はHD1さん宅にお預けしている2号機から、使える部品は移植する皮算用でいる。 ・・・こうして考えると、多くの仲間や諸先輩方のご厚意、手助け無くしては、たかがバイク趣味とは言え、永く円滑に続けていくのは困難なんだなあ・・・ 今更ながら、今ここに居るこの私という人間は、実に多くの周りの人達に支えられているのです。有り難い事だね!

というワケで、12年目にして我がXLCRは初の検切れ、久々にバイクが手元に無い年末年始を過ごす事と相成った。走り納めも走り初めも出来ないし、取り敢えず革ジャンの修理でもするかな・・・



BACK TO TOPICS TOP