2.OCT.’14


10月2日。次の週末を待たずして、早くもXLCRが復活する。行った作業は、問題のスターターソレノイドと疲弊しきったバッテリーの交換、切ってしまった配線2箇所(笑)の復旧のみ。
前回のバッテリー交換は確か4、5年ほど前だったかな・・・とおぼろげに記憶していたのだが、実際には既に7年近く!経っていた。(TOPICS_18.NOV.’07参照)
確かに、始動時のセルの回り具合が少々頼りないなあ・・・とは暫く前から感じていたのだが・・・電圧の下がったバッテリーでの繰り返しの始動もソレノイド張り付きの原因になるらしいので、この経験は今後の教訓としたいものである。


ところで、先日切ったこのシート下の線。バッテリーのアースにしてはヤケに細いな・・・とは思ったのだが、あらためてその先を辿ってみると、これはスターターソレノイドそのもののアース線の様であった。つまり、あのタイミングでセルが沈黙したのは何かの拍子、単なる偶然だった・・・という事なのか。となると結果的に、無関係な線を2本も切ってしまった事になる(笑)
思えば過去にレッカーを呼ぶ破目になった原因も、ポイントのガバナ粉砕、ダイナモ不良と、全てが点火、電気系のトラブルである。どちらかと言えば普段は吸排気系を含む内燃機そのものや変速機ばかりを気にしがちなのだが・・・電気畏るべし!


明くる朝、一陣の風に乗って舞い降りたアキアカネが、この指先にひと時休んでいった。徐々に色濃く秋の訪れを感じる今日この頃。さあ、週末は何処かへ疾走りに行こう!



BACK TO TOPICS TOP