1979 XLCR

The Remarkable Details Of 1979 Model.

No.3125 〜 3133

一般にXLCRは’77〜’78の2年間のみの生産とされる事が多いが、実際には’79年式も存在する。ただし市販は無く、生産台数は全XLCR3,133台のうち、僅か9台(!)に過ぎない。余剰パーツで組み上げられ、H−Dの会社関係者に供されたらしいが詳細は不明。
’79年にはXLH、XLSもCRフレームやサイアミーズを採用したため、XLCRは『 外装スペシャル 』的色合いが強くなってしまった。サイレンサーも従来のシガータイプではなく、他のXL系同様のテーパードタイプとされた。
エアクリーナーボックスは前年までのハム缶タイプではなく、新排ガス規制に対応した大型のものを装備。また、’78においてはオプション設定だった『 TWO−UP CAFE RACER SEAT KIT 』を標準装備とした様だ。
その生い立ちゆえ、細部に至るまでかなりの変更が加えられてはいるが、『 最期のカフェレーサー 』として記憶に留められるべき存在であろう。



BACK TO XLCR CHRONICLE TOP